FC2ブログ

小倉マユコブログ

「紫式部の娘。賢子がまいる!」  

7/7に、装画・挿絵を担当した本が発売になります!

表1+帯

「紫式部の娘。賢子がまいる!」
篠 綾子・著
静山社

以下、公式サイトより転載です。
----------------------------------
かの有名な『源氏物語』の作者・紫式部の娘、賢子。
宮中のいじめに悩まされた母とは正反対の、負けず嫌いで勝気な性格。
宮仕えするにあたっては、中流階級の娘ながら、素敵な殿方との大恋愛に野望を抱く、生意気盛りの14歳。
狙うは今光君と呼ばれる超モテ男の頼宗さま。
同い年で先に宮仕えしている和泉式部の娘・小式部をライバル視するが、
容姿もモテ度も完全に負けているので、余計にイライラをつのらせる。
そんなある日、宮中で物の怪騒ぎが起こる。
しかも占いによれば、それを招き入れたのは、賢子の友人、小馬であると言うのだ。
小馬の汚名をすすぐため賢子は事件解決に乗り出すが・・・・・・。

----------------------------------

カバーイラストの他に、本文中の挿絵を15点ほど描きました!

時代物の仕事がしたい。児童書の仕事がしたい。と常々思っていたなかで、
ど真ん中のご依頼をいただき、描き終えてしまうのが寂しいくらいに楽しいお仕事でした。

ただ、仕事で和物を描くことも多いのですが、平安時代の服飾、調度などを調べるのになかなか苦戦
担当編集者さんに資料をどっさり準備していただき、かなり勉強しました。

史実に則り押さえるべき点は押さえつつも、フィクションならではの面白みを出すために、
どう想像のアレンジを加えるかを考えるのが、とても楽しかったです。

カバーイラストの賢子の十二単も、あえて当時は無かっただろう色の組み合わせや模様などで、
思いっきりポップに仕上げてみました。

技術的な話ですが、カバーイラストの色見も蛍光ピンクの特色を使うことで、
すっごく鮮やか美麗な仕上がりです…!

カテゴリーはティーン向けの児童書になりますが、
内容は大人の方が読んでも十分楽しめます。

ぜひ書店でチェックしていただけるとうれしいです




スポンサーサイト



category: お仕事

tb: 0   cm: 0